2018年3月9日金曜日

思いがけず、恋人が出来ました


拍手してくださったみなさま、ありがとです^^
励みになります♪

前回の記事の最後の方で、今後の更新については、一旦落ち着くなんて書いたばかりだったのですが、私的に予想外の出来事が起きたので、そのことについて書こうと思います。

まだジャングルツアー中のチャラとテンちゃんは、セルヴァドラーダ文化スキルを上げようと、市場にあるバーに来ていました。



チャラもテンちゃんも3レベルだったのですが、チャラがもう少しで4レベルになりそうだったので、チャラの方を先に上げようと思い、ここの住人に話しかけていました。

「オミスカの遺跡について聞く」で、呪いについての対処法を教えてくれたのですが、呪われることなんて、あるの!?

なんて思っていた、その時です。


私がチャラに指示して、積極的にセルヴァドラーダ文化スキルを上げるための会話をしている時、唐突にチャラのアクションがキャンセルされ、チャラが勝手に近くの席に座ったかと思いきや、そこにテンちゃんがスタスタやってきて、今までチャラが話しかけていた男性の両手を取り、チュッ!と口づけをしたんです!!!

まさかそんなことをすると思ってなかったので、チュッ!とする瞬間を撮れませんでした。


ああ、やっぱりピンクバーがついてるよ~!
見間違いじゃなかったっ(^^;;;;;

この男性はここの住人として作られた自動生成シムで、最初はバーテンダーとしてこの店に現れました。
それ以降は、バーテンダーだったり、客だったり・・・という感じで出現します。

私はここの住民だけに限らず、結構こまめに管理画面を開いては、自動生成シムをチェックし、パッと見で、変な体型だったり、あまりにも見た目が酷いと思ったりするシムは削除し、それ以外の自動生成シムは、ひとりひとりCAS画面を開いて、全コーデをチェックして(変な服は着替えさせたり、色を揃えたりしてますw)、イケメンもしくは美人だと思うシムは簡単に手直ししてますw

このシムも、バーテンダーとして現れた際にコーデを見直し、お顔も多少修正しましたが、元々こんな感じのお顔だったので、自動生成シムだけど、イケメンな方だったと思います。

ただ、タトゥーが入ってるよね・・・
これは・・・


テンちゃんが誰かに誘惑的な行動をとるのって、すごい珍しいので・・・というか、多分これが初めてじゃないでしょうか。
過去記事を読み返してないからわからないけど(自分の記憶に自信がないので^^;)

とにかく、滅多にないんですよ。
だから、きっとチャラはビックリしているはず。
クールなお顔してるけどw


バーテンダーを口説いた直後のテンちゃんもクールなお顔だw
しかも、バーテンダーをその気にさせるだけさせておいて、もう彼との会話はやめて、他のシムに話しかけようとしていました。

その視線の先には


別の女性シムがカウンターに座っていて、このシムも自動生成シムなんだけど、何を話しかけようとしているのかなぁと思ってテンちゃんのコマンドを見てみたら、誘惑しようとしていたので、ビックリしました!

おいっ!
たった今、バーテンダーを口説いたばかりだろう!!!(^^;

今日のテンちゃんは、いったいどうしたと言うんだ。

ジャングルに入った際に、滝の見える橋を通ったんですが、あそこ、通過するたびに誘惑的なムードがつくんですよね。
多分そのせいで、テンちゃんがおかしくなっているんだと思います。

チャラも同じように誘惑的なムードがつくのですが、チャラはすぐ別のムードがついて、その別のムードに誘惑的なムードが押されて、テンちゃんみたいに「超誘惑的」なムードになんてならないんですよw

チャラはチャラい人生送ってきてるからな~
場数が違うから、橋の演出くらいじゃ、へでもないのかもですねww


結局、テンちゃんは女性シムを口説けませんでした。
実行される前に、女性シムが店を出て行ったからです。

でも、しばらくしたら、また戻ってきたんですけどね(^^;
で、入れ違いに、テンちゃんが口説いたバーテンダーが店を出て行きました。

チャラはマヌケ特質持ちで、50人の女性と関係を持ったことのある男なのでねw
一生の真面目なお付き合いとなると考えちゃうけど、遊ぶには面白そうな男なんでしょうねww

チャラの回りに、店内にいた女性がどんどん集まってきて、気付けば、チャラの座ったテーブルには、後から席についたテンちゃんの他に、女性シムが4人と、なんだか合コンみたいなノリになってきましたよww

でも、


チャラは途中で眠くなって席を立ち、外にあるベンチに寝に行ってしまったのですが、


チャラが席を立ったら、女性客も次から次へと席を立って店を出て行き、テンちゃんの回りは男ばっかりになってしまったww
しかも、テンちゃんが口説いたバーテンダーも、また店に戻ってきて、ちゃっかりテンちゃんの隣に座ってるしw


バーテンダーの名前は、ボビーといいます。


ボビーがね・・・すごいテンちゃんのことばっかり見てるんだよね・・・
集中力があるというかさ。

テンちゃんは、元々クールなところがあるけど、ボビーとテンちゃんを観察していて再認識したことは、テンちゃんはちょっと喋ってはすぐに興味の対象が別の方に移ってしまうので、視線もあっちこっちとコロコロ変わるんですね。
そんなところが、あっさりしているというか、情熱に欠けるというか、クールだなぁと私が感じてしまう行動のひとつなのですが・・・

でも、ボビーは本当にテンちゃんのことばっかり見てるんです。
それはもう、一途に。


自分のことを話しているときも、テンちゃんのことばかり見つめながら話していて、


テンちゃんが会話から抜けてドリンクを注文するために席を立ったのですが・・・

テンちゃんはどうやら、イエルバ・ラテというドリンクが気に入ったみたいで、何度も何度も飲んでいて、自分でも入れられるようになったみたいでしたw


ほら、ボビーがテンちゃんのことを見てるでしょ?

テンちゃんが右側にいようが、左側に移ろうが、ボビーはテンちゃんしか見てないから、視線がずーっとテンちゃんを追いかけているんですよね。


テンちゃんが席に戻ってきたときも、やっぱり見てるし。
テンちゃんなんて、全然見てないのに(^^;

テンちゃんがその気にさせたのに、なんてクールな男なんだ、あんた・・・w


テンちゃんのことを話してるね。
何を話してるんだろう。

TS4は今までのシムズシリーズと違い、吹き出しを見ても、話の詳細がわかりにくいことが多いです。
噂話も、誰のことか、さっぱり分からないですし。


テンちゃんとボビーですが、途中、ちょいちょいお互いに口説き合ってましたよw
フリーウィルです。

あ、この時にボビーの服装が変わっているのは、途中でボビーが店を去り、その後、戻ってきたと思いきや、バーテンダーとしての時間になったようで、それでこの服装に着替えたからです。

でも、ボビーってば、ちゃんと制服に着替えたのに仕事はやらず(笑)、テンちゃんといちゃついてばかりいたので、別のバーテンダーがやってきてバーカウンターに入って仕事してました(^^;



チャラもいつの間にか復活してきてるw

これは、テンちゃんの方からボビーに投げキッスをしているところです。
もう、この頃は、二人のピンクゲージも結構伸びていました。


「僕って、結構重たい性格だよ?本当に好きになったら、すぐ結婚とか、将来のこととか、意識しちゃうような性格だよ?それでもいいの?」

とか言っていそうwww


テンちゃんの吹き出しを見る限り、そろそろチューとかしたいなぁと思っていそうですねw
ボビーの手にはチュッ!てしたけど、ちゃんとしたキスは、ファーストキスを済ませないと、フリーウィルでやらないし、ファーストキスはフリーウィルで実行しないですもんね。
こればっかりは、私が背中を押してあげなくては。

っていうか、そもそもテンちゃんは、今日まで誰ともキスしていないので、正真正銘、ファーストキスですよ。
そのお相手が、自動生成シムでいいのかなぁ・・・と、ちらっと思ったのですが・・・

でも、ボビーが脇目も振らず、テンちゃんばかりを追いかけていたのでね。
私も納得しましたよ。


テンちゃんには、真面目な交際をして、幸せになって欲しいと思っていたので、ちゃんと順番を守り、まずは交際することに。


それから、ファーストキスをしました(*ノノ)キャ

かつて、チャラが何人もの女性とイチャイチャしてきているのを、横目でずーっと見ていたテンちゃんでしたが、今回立場が逆転しましたね~
チャラは今、どんな気持ちでこの空気の中にいるんだろうw

まさか、旅先で、テンちゃん自らの意志で、唐突に恋愛が始まるとは!
予想外でしたよ~~~!

しかも、BLだwww


テンちゃんたちがファーストキスをした直後、二人の世界に割って入ろうとしたシムがいて(自動生成シムの赤シャツの男)、テンちゃんもボビーも、見もしなかったのですが(笑)、ボビーが内心で「こいつはないわー」と思っていることが吹き出しでわかりますねw

空気読めよ、とか思っていそうwww


しばらくして、ボビーが店を出ていったので、そう言えば、セルヴァドラーダ文化スキルが4レベルになったし、そろそろ現地のダンスを踊れるようになってるんじゃないかと思い、ステレオをクリックしてみたら「ランバシムを踊る」という新たなコマンドが出現していました。


よし!今夜は踊ろう!踊り明かそう!
テンちゃんに初めて恋人が出来た、ファーストキスをした、おめでたい夜だ!ヽ(*^▽^*)/


序盤こそ、たどたどしい踊り方だったけど、すぐにノリノリになって踊れるようになったチャラ。


テンちゃんもセルヴァドラーダ文化スキルが4レベルになっていたので、踊れましたよ~^^


ボビーですが、テンちゃんと恋人同士になったことで安心したのか、あんなにしょっちゅう店を出て行っては、すぐに戻ってきてテンちゃんに話しかけていたのに、あれからしばらく店で待ってみたけど、もう戻ってくることはなかったので、チャラと二人で自宅に帰ってきました。

ランバシムは、自宅のステレオクリックでも踊れましたよ^^


さて、自宅に戻った後、管理画面でボビーをチェックしてみましたw

彼とは、「相手のことをもっと知る」で「俺はベジタリアンなんだ」と教えてもらってはいたのですが、他の特質についてはまだ教えてもらえてなかったんですよね。
でも、タトゥーがあったので、もしや・・・とは思っていたんです。

そうしたら、やっぱり、彼は「意地悪」や「子供嫌い」など、ネガティブな特質持ちのシムでした(^^;

私、ヴァンパイアとかエイリアンなどの特殊なシムや、ボビーのようにネガティブな特質を持っているシムの場合、こうしていちいちCAS画面を見なくてもわかるように、目印になるものをつけているんです。

ヴァンパイアの場合は名前に「+」を、エイリアンの場合は「*」を入れてて、ネガティブ特質アリの自動生成シムの場合、タトゥーを入れていますw
えへへ、マメでしょう、私ww

タトゥーが多ければ多いほど、ネガティブ要素が強いとか、結婚向きじゃないとか、私なりの目印の入れ方があるのですが、ボビーはかなり沢山タトゥーが入っていたので、悪人か意地悪か、その両方を持ってるとかだろうなぁとは思っていたんですけどね・・・

ただ、意地悪だと思うような言動は、私の知る限りでは一切なかったです。
一途そうだったしw


話は変わって、ニャンコのことです。

ニャンコが暖炉大好きなことは、記事にも書いたことがあったと思いますが、その「好き」の度合いが、ちょっと半端ないんですよねぇ。

だって、


見てくださいよ、これ(^^;
こんなに色々真っ赤になっても、まだ暖炉から離れようとしないんですよ?(^^;;;;;

この時はたまたま空腹ゲージが真っ赤にはなっていませんが、空腹ゲージも気にせず暖炉の前に張り付いているので、「ペットがお腹をすかせてます、すぐにご飯をあげましょう」みたいなポップが表示されることも、良くあるんですよ。

エサ箱には、ちゃんと満タンに入っているのに、です。


トイレにも行かず、遊びもせず、起きていられるギリギリの状態まで、大好きな暖炉の前に張り付いていたので、やがてニャンコはフラフラになって気絶してしまいました。

馬鹿だ・・・(^^;


しかも、目が覚めたら漏らしてるし(^^;;;;;
こんなの、初めてですよ><

いつもは漏らす前に、私が指示してトイレに行かせるので、それで漏らしたことがなかったのですが、今回、もし私が指示しないで見守っていたら、自力で暖炉から離れてトイレに行ってくれるのか、試そうと思って見ていたんです。

そうしたら、案の定、漏らしたって感じですよ・・・(-"-;)


屋内でやっちゃ駄目だと叱れるようだったので、生涯願望のクリア条件に「悪さを訓練してやめさせる」というのがあるし、ちょうどいいと思って、チャラで叱ったら、ニャンコは、即、駄目だと覚えましたw

そして、せっかくテンちゃんがインスタントアップグレードしてくれた暖炉なんだけど、ニャンコを虜にし過ぎてしまうので、撤去しましたw


生涯願望のクリア条件のひとつに「2匹の動物とパートナーになる」があったので、チャラは先日ニャンコとパートナーになりましたが、ワンコともパートナーになりました^^

ノラはテンちゃんが一番可愛がっているので、ノラはテンちゃんとパートナーになってもらおうと思っています♪

0 件のコメント:

コメントを投稿